【歌詞考察】米津玄師「春雷」の意味(解釈)とは?

米津玄師さんの「春雷(しゅんらい)」は歌詞検索ランキングでも常に上位にある歌詞です。

その理由は驚くほどの歌詞の表現力にありました。

なぜこの曲がここまで検索されているのか。その秘密に迫りたいと思います。

米津玄師「春雷」歌詞

作詞:米津玄師

作曲:米津玄師

現れたそれは春の真っ最中 えも言えぬまま輝いていた
どんな言葉もどんな手振りも足りやしないみたいだ
その日から僕の胸には嵐が 住み着いたまま離れないんだ
人の声を借りた 蒼い眼の落雷だ

揺れながら踊るその髪の黒が 他のどれより嫋やかでした
すっと消えそうな 真っ白い肌によく似合ってました
あなたにはこの世界の彩りが どう見えるのか知りたくて今
頬に手を伸ばした 壊れそうでただ怖かった

全てはあなたの思い通り 悲しくって散らばった思いも全て
あなたがくれたプレゼント
ゆらゆら吹かれて深い惑い 痛み 憂い 恋しい

言葉にするのも 形にするのも そのどれもが覚束なくって
ただ目を見つめた するとあなたはふっと優しく笑ったんだ
嗄れた心も さざめく秘密も 気がつけば粉々になって
刹那の間に 痛みに似た恋が体を走ったんだ

深い惑い痛み憂い繰り返し いつの間にか春になった
甘い香り残し陰り恋焦がし 深く深く迷い込んだ

花びらが散ればあなたとおさらば それなら僕と踊りませんか
宙を舞う花がどうもあなたみたいで参りました
やがてまた巡りくる春の最中 そこは豊かなひだまりでした
身をやつしてやまない あんな嵐はどこへやら

まだまだ心は帰れない その細い声でどうか騙しておくれ
カラカラに枯れ果てるまで
ふらふら揺られて甘い香り 残し 陰り 幻

聞きたい言葉も 言いたい想いも 笑うくらい山ほどあって
それでもあなたを前にすると 何にも出てはこないなんて
焦げ付く痛みも 刺し込む痺れも 口をつぐんだ恋とわかって
あなたの心に 橋をかける大事な雷雨だと知ったんだ

どうか騙しておくれ 「愛」と笑っておくれ
いつか消える日まで そのままでいて

言葉にするのも 形にするのも そのどれもが覚束なくって
ただ目を見つめた するとあなたはふっと優しく笑ったんだ
嗄れた心も さざめく秘密も 気がつけば粉々になって
刹那の間に 痛みに似た恋が体を走ったんだ

米津玄師「春雷」歌詞の意味考察

”現れたそれは春の真っ最中 えも言えぬまま輝いていた
どんな言葉もどんな手振りも足りやしないみたいだ
その日から僕の胸には嵐が 住み着いたまま離れないんだ
人の声を借りた 蒼い眼の落雷だ”

この歌詞はおとぎ話のような幻想的な雰囲気です。

出だしからとても不思議なストーリーが漂っています。

それが何なのかわかりません。あえてここでは説明しない方がいいかもしれません。

”揺れながら踊るその髪の黒が 他のどれより嫋やかでした
すっと消えそうな 真っ白い肌によく似合ってました
あなたにはこの世界の彩りが どう見えるのか知りたくて今
頬に手を伸ばした 壊れそうでただ怖かった”

こちらも依然となにの歌詞なのかわかりません。

”嫋やか”とは「しなやかで優しい姿」という意味です。前半部分は黒髪で肌が白くて綺麗な女性が嫋やかに踊っている様子が伺えます。

その綺麗なあなたをもっと知りたくて近づいてみたそうです。

”全てはあなたの思い通り 悲しくって散らばった思いも全て
あなたがくれたプレゼント
ゆらゆら吹かれて深い惑い 痛み 憂い 恋しい”

あなたとは恋を抱いている相手なのでしょう。

あなたは”深い惑い 痛み 憂い 恋し”さをくれると言っています。

好きな人からはこういう切ない感情がやってくるのだと言うことです。これを見る限り、あなたへの恋はまだ叶っていないようです。

”言葉にするのも 形にするのも そのどれもが覚束なくって
ただ目を見つめた するとあなたはふっと優しく笑ったんだ
嗄れた心も さざめく秘密も 気がつけば粉々になって
刹那の間に 痛みに似た恋が体を走ったんだ”

初恋の瞬間を言っているのではないでしょうか。

嗄れた(しゃがれた)心もさざめく(賑やかで声を立てて騒ぐ)秘密も気がつけば粉々になってとは

あなたの笑顔を見ると色々なものがどうでもよくなるという意味です。

そして恋に落ちたということです。

”深い惑い痛み憂い繰り返し いつの間にか春になった
甘い香り残し陰り恋焦がし 深く深く迷い込んだ”

ずっと恋をしている心境を歌っています。

この歌詞は米津さんらしいカオスっぷりです。

”花びらが散ればあなたとおさらば それなら僕と踊りませんか
宙を舞う花がどうもあなたみたいで参りました
やがてまた巡りくる春の最中 そこは豊かなひだまりでした
身をやつしてやまない あんな嵐はどこへやら”

もうずっと恋をしておかしくなっている心情を表しています。

とても錯乱していて、怪しげです。

”まだまだ心は帰れない その細い声でどうか騙しておくれ
カラカラに枯れ果てるまで
ふらふら揺られて甘い香り 残し 陰り 幻”

偽りでもいいからあなたと恋に落ちたいと、あなたを魔性の女のように見えているのかもしれません。

それほど、あなたを射留めるのは難しいのでしょうか。

”聞きたい言葉も 言いたい想いも 笑うくらい山ほどあって
それでもあなたを前にすると 何にも出てはこないなんて
焦げ付く痛みも 刺し込む痺れも 口をつぐんだ恋とわかって
あなたの心に 橋をかける大事な雷雨だと知ったんだ”

あなたに想いを伝えることがとても難しいと言っています。

相手がこちらを好きなのかどうかわからない時に想いを伝えるのはとても危険なことですよね。

想いを伝えルことを”あなたの心に 橋をかける大事な雷雨”と表現しています。

歌詞を途中まで読むと、”春雷”の意味がわかります。

この歌詞の中で恋を雷にたとえています。一瞬で浴びせられる恋心は雷を打たれた時に似ているのかもしれません。

春とはいい意味で、使用されるので、春雷とは良い雷を指します。春雷はとても実りある季節の雷で、それは初恋なのかもしれません。

期待が膨らむ恋であるけれども、それを伝えるのとても難しく、恋心を抱いたものには嵐や落雷や雷雨を起こすのです。

それはまさに魔性の女のように”甘い香り残し陰り恋焦がし 深く深く迷い込”ませるのです。

まとめ

一見難しくカオスな言い回しの多い米津さんの歌詞ですが、そこにはきちんとインスピレーションや比喩が使用されていて、人々をあっとさせて感動させる力を持っています。こういう魔術こそが米津さんを輝かせる魅力の一つなのかもしれません。

おすすめ情報

アンナチュラル主題歌米津玄師「Lemon」歌詞の意味(解釈)とは?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です