SUBARU(スバル)のLEVORGCM曲コブクロ「君という名の翼」の歌詞の意味(解釈)とは?

SUBARU(スバル)のLEVORGのCMで流れている曲、コブクロの「君という名の翼」が清々しいです。

コブクロの「君という名の翼」はどのようなことを伝えている曲なのでしょうか。

コブクロ「君という名の翼」歌詞

作詞:小渕健太郎

作曲:小渕健太郎

しわくちゃの写真には まぶしかった時間と
寄り添う僕らが痛い程 鮮やかに 焼き付けられていて
はぐれたのはきっと どちらのせいでもなくて
気がつけば君は僕の 中に住みはじめた

勝ち負けだけじゃない何かを 教えてくれたレースがある
一緒に走った 冷たい夏の雨
青いしぶきに重なる残像 水際に浮かべた感情
喜びや悲しみの傷さえ 包み込んだ 約束の光

あきれる程 真っ直ぐに 走り抜けた季節を
探してまだ 僕は生きてる
間違いだらけの あの日々に 落とした涙と答えを
胸いっぱいに かき集めて もう一度 あの青空
あの風の向こう側へ 君という名の翼で

夕凪が水面に 並べた羊雲のように
斑(まだら)の心じゃ 君の声にも気付かない

秋風がまだ遠く 夏の終わりを待ちわびている頃
僕らの瞳に 最後の陽が落ちる
追いかけてもすれ違う感情 振り払えはしない残像
選べない道を目の前に 立ち尽くした 青春の影で

諦めても 背を向けても 誤魔化せない心の
舵は今も 君の両手に 叶わぬ夢を浮かべても
沈まない勇気の煌めき この一瞬に賭けてみたい
最後まで 離さずに 握り続けた願いが
導く場所を目指せ

知らず知らずに 背中で聞いてた声が
今もまだ 僕を振り向かせる度切なくて

あきれる程 真っ直ぐに 走り抜けた季節を
探してまだ 僕は生きてる
間違いだらけのあの日々に 落とした涙と答えを
胸いっぱいに かき集めて はぐれない様にと抱きしめた
もう一度 あの夏空 あの風の向こう側へ
君という名の翼で 僕らがいた あの空へ



コブクロ「君という名の翼」歌詞の意味考察

”しわくちゃの写真には まぶしかった時間と
寄り添う僕らが痛い程 鮮やかに 焼き付けられていて
はぐれたのはきっと どちらのせいでもなくて
気がつけば君は僕の 中に住みはじめた”

思い出の写真を見て、思い出にふけっています。はぐれたと言っているので、大切な人と別れたのか喧嘩をしているのでしょうか。”気がつけば、君は僕の中に住み始めた”と言っています。君のことを心配して頭から離れないということを言っているのではないでしょうか。

”勝ち負けだけじゃない何かを 教えてくれたレースがある
一緒に走った 冷たい夏の雨
青いしぶきに重なる残像 水際に浮かべた感情
喜びや悲しみの傷さえ 包み込んだ 約束の光”

マラソンをしている人たちの思い出の日々を描写しているように思います。

辛いことや嬉しいことがあったことをとても素晴らしい描写で表現しています。

”あきれる程 真っ直ぐに 走り抜けた季節を
探してまだ 僕は生きてる
間違いだらけの あの日々に 落とした涙と答えを
胸いっぱいに かき集めて もう一度 あの青空
あの風の向こう側へ 君という名の翼で”

人生の意味を探しながら生きていて、間違いもあったけれど、全ての涙と答えをかき集めて進んでいこうと言っています。

とても素晴らしい歌詞です。いろんな思いが詰まった一連の歌詞が心を動かします。

”夕凪が水面に 並べた羊雲のように
斑(まだら)の心じゃ 君の声にも気付かない”

夕凪(ゆうなぎ)とは夕方、波風が静まることです。羊雲は羊の毛のようにモコモコした細かい雲のことです。静かな海に羊雲が並んでいるような斑な心では君の声にも気づかいないと言っています。自分の心が未熟だと、他人の心もわからないということでしょうか。

”秋風がまだ遠く 夏の終わりを待ちわびている頃
僕らの瞳に 最後の陽が落ちる
追いかけてもすれ違う感情 振り払えはしない残像
選べない道を目の前に 立ち尽くした 青春の影で”

夏の終わりに近づく頃、まだ暖かい夕日を見つめて、運命を変えられないことを嘆いています。

”諦めても 背を向けても 誤魔化せない心の
舵は今も 君の両手に 叶わぬ夢を浮かべても
沈まない勇気の煌めき この一瞬に賭けてみたい
最後まで 離さずに 握り続けた願いが
導く場所を目指せ”

諦めてもまだ追い続けたいと言っている心があると言っています。叶わないと頭でわかっていてもまだ、心は追い求めたいのです。

たとえ叶わなくても1%でも望みがあるのならその1%に賭けてみたいと言っています。

”知らず知らずに 背中で聞いてた声が
今もまだ 僕を振り向かせる度切なくて”

今はもうない声援のことを言っているのではないでしょうか。過去の声援に惑わされている様子を描写しています。

”あきれる程 真っ直ぐに 走り抜けた季節を
探してまだ 僕は生きてる
間違いだらけのあの日々に 落とした涙と答えを
胸いっぱいに かき集めて はぐれない様にと抱きしめた
もう一度 あの夏空 あの風の向こう側へ
君という名の翼で 僕らがいた あの空へ”

夢を追い求めていた、恋を諦めなかったあの青春の日々を忘れないで、またあの空を目指したいと言っています。

失われた恋も諦めてしまった夢ももう一度探しにいこうというとても綺麗な歌詞です。

「君という名の翼」はコブクロらしい言葉で説いた希望の歌なのです。
PR

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です