アンナチュラル主題歌米津玄師「Lemon」歌詞の意味(解釈)とは?

ドラマ「アンナチュラル」の主題歌は米津玄師さんの「Lemon」です。


米津玄師さんの「Lemon」はどのような歌なのでしょうか。

米津玄師「Lemon」歌詞(耳コピ)

夢ならばどれほど良かったでしょう
未だにあなたのことを夢に見る

忘れたものを取りに帰るように 古びた想い出の埃を払う
戻らない幸せがあることを 最後にあなたが教えてくれた

言えずに隠してた暗い過去もあなたがいなきゃ永遠に暗いまま
きっとこれ以上傷つくことなど ありはしないとわかっている

あの日の悲しみさえ あの日の苦しみさえ
その全てを愛してたあなたと共に
胸に残り離れない苦いレモンの匂い
雨が降り止むまでは帰れない
今でもあなたはわたしの光

暗闇であなたの背をなぞった
その輪郭を鮮明に覚えてる
受け止めきれないものと出会う度
溢れて止まないのは涙だけ

何をしていたの何を見ていたの
私の知らない横顔で
どこかであなたが今 私と同じような
涙に暮れ寂しさの中にいるなら
私のことなどどうか忘れてください
そんなこと心から願うほどに
今でもあなたは私の光

(ここからはわかりません)

米津玄師「Lemon」歌詞(耳コピ)の意味考察

”夢ならばどれほど良かったでしょう
未だにあなたのことを夢に見る”

あなたとの思い出を忘れたいと思っているのではないでしょうか。

”忘れたものを取りに帰るように 古びた想い出の埃を払う
戻らない幸せがあることを 最後にあなたが教えてくれた”

忘れてしまったものは記憶を辿れば思い出すことができますが、思い出しても戻らないものがあるとあなたが教えてくれたと言っています。

”言えずに隠してた暗い過去もあなたがいなきゃ永遠に暗いまま
きっとこれ以上傷つくことなどありはしないとわかっている”

ずっと言えないで隠していた暗い過去もそれを言えるほどの愛する人がいないとずっと暗いままだと言っています。

これ以上傷つくことがないと思えるほどの辛いことを経験したいでしょう。

もしも辛い過去を言えるほど愛する人に出会えたらその暗かった過去は癒えると言っているのかもしれません。

”あの日の悲しみさえ あの日の苦しみさえ
その全てを愛してたあなたと共に
胸に残り離れない苦いレモンの匂い
雨が降り止むまでは帰れない
今でもあなたはわたしの光”

悲しさや苦しさはあなたへの想いとして残っているけれど、そんな辛い事でも私の光だと言っています。

まだ忘れられないあなたへの想いを綴っているのです。

”暗闇であなたの背をなぞった
その輪郭を鮮明に覚えてる
受け止めきれないものと出会う度
溢れて止まないのは涙だけ”

別れたのは暗い夜だったのかもしれません。

その時のことを鮮明に覚えていると言っています。

受け止めきれない時に出てくるのは涙だけだと言っています。

悲しみをとても生々しく表現しています。

”何をしていたの 何を見ていたの
私の知らない横顔で
どこかであなたが今 私と同じような
涙に暮れ寂しさの中にいるなら
私のことなどどうか忘れてください
そんなこと心から願うほどに
今でもあなたの光

(ここからはわかりません)”

ありもしないことですが、もしもあなたが今でも私を想って泣いているのであれば忘れて欲しいと言っています。

そのように心配するほど、まだまだあなたのことを好きなのです。

ここまでしかまだわかりませんが、とても悲しい失恋の歌なのでしょう。

米津さんのメロディと言葉はとても心に入ってくるので、より一層悲しさが伝わってきます。

続きを聴く日が楽しみですが、悲しくなることも予見できます。

(まだ公式MVがないので、人気YouTubermonogataruさんの動画を載せています)

おすすめ情報

【アンナチュラル考察】2話ネタバレ、感想、疑問点整理

One thought on “アンナチュラル主題歌米津玄師「Lemon」歌詞の意味(解釈)とは?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です